DO-178準拠セーフティ・クリティカルなアプリケーション向け C/C++およびAdaソフトウェアの開発、テスト、認証の時間を低減し、市場投入までの時間を短縮

米国ロードアイランド州プロビデンス発 – 2017年8月22日 – 組込みソフトウェアの品質に向けた革新的なソフトウェア・ソリューションの世界的大手プロバイダーであるベクター・ソフトウェアと、ミッション・クリティカルかつセーフティ・クリティカルなソフトウェア製品およびプロフェッショナル・サービスのリーディング・サプライヤであるDDC-Iは、DDC-Iのセーフティ・クリティカルなリアルタイム・オペレーティング・システム(RTOS)であるDeos™およびOpenArbor™統合開発環境に向けたVectorCASTテスト自動化プラットフォームの提供を発表しました。統合されたプラットフォームは、DO-178準拠のセーフティ・クリティカルなアプリケーション・ソフトウェアの開発、テスト、認証に伴う時間とコストを劇的に低減します。

「ベクター・ソフトウェアと協業することで、当社のセーフティ・クリティカル対応のRTOSに対し世界最高レベルのテスト自動化ツールを提供することができ、喜ばしく思います。」DDC-Iのマーケティングおよび製品管理のバイス・プレジデントであるGreg Rose氏はこのように述べています。「当社のRTOSやツールとベクター・ソフトウェアのテスト自動化スイートとの統合は、DO-178に求められるセーフティ・クリティカルなアプリケーションの開発からテスト、認証にいたるすべての側面に及びます。」

「VectorCASTテスト自動化プラットフォームで、DDC-IのDeos RTOSをサポートできることを大変嬉しく思います。」ベクター・ソフトウェアの製品管理責任者、Jeffrey Fortinはこのように述べています。「この統合により、両社のDO-178に関する豊富な経験値とともに、より効率的な認証プロセスに向けた完全なソリューションを提供できます。」

VectorCASTは、ダイナミックなソフトウェアテスト・ソリューションであり、セーフティ・クリティカルおよびミッション・クリティカルな組込みシステムのバリデーションに欠かせないC/C++、Adaの単体テストや統合テストを自動化します。VectorCASTはテストハーネスの一部として、通常は手作業で開発するスタブやドライバを自動作成するため、開発エンジニアは高品質で徹底したテストケースの構築に注力することができます。VectorCASTを使用すると、単体テストを特定のターゲットまたはシミュレータ上でネイティブに実行することができます。ネットワーキング機能を使用してダウンロード、実行、結果のキャプチャが可能であり、完全な機能統合が提供されています。

Deosはセーフティ・クリティカル対応の組込みRTOSで、1998年以来、DO-178 DAL-A認証されています。決定性のあるリアルタイム応答を特徴としており、時間、空間ともにパーティショニングされたRTOSに特許取得済みのスラック・スケジューリングを採用することで、セーフティ・クリティカル対応の他のどの認証可能なCOTS RTOSよりも優れたCPUユーティライゼーションを実現します。Deosは初めからセーフティ・クリティカルなアプリケーションを念頭に構築されたRTOSで、その製品開発の初日からRTCA DO-178 Level-A対応の開発プロセスを導入して作成された、唯一の認証可能な時間/空間パーティショニング型のCOTS RTOSです。Deosは顧客がDO-178 Level-A認証を受けるのに最も容易で低コストのパスを提供し、セーフティ・クリティカルの最も高いレベルを提供するCOTS RTOSです。

Deosの開発サポート環境として、DDC-IのEclipseベース言語混在対応のOpenArbor IDEが提供されており、Ada、C、C++の最適化コンパイラ、カラーコード化されたソース・エディタ、プロジェクト管理機能、自動ビルドのユーティリティ、シンボリック・デバッガなどが含まれます。またQEMU(Quick EMUlator)による仮想ターゲット・ハードウェアの開発ツールが含まれており、設計者はターゲットの実ハードウェアが提供される前からホストPC上でコードを早期開発し、デバッグやテストを前倒しして進めることができます。

DDC-Iについて

DDC-I, Inc.は、リアルタイム・オペレーティング・システム、ソフトウェア開発ツール、カスタムソフトウェア開発サービス、レガシー・ソフトウェアシステムの近代化ソリューションを提供するグローバルサプライヤであり、ミッション・クリティカルなアプリケーションに重点を置いています。DDC-Iの顧客基盤には、商業、軍事、航空宇宙、その他セーフティ・クリティカルな産業分野における錚々たる企業が名を連ねています。DDC-IはC、C++、AdaおよびJOVIALアプリケーション開発のためのセーフティ・クリティカル対応のリアルタイム・オペレーティング・システム、コンパイラ、統合開発環境およびランタイム・システムを提供しています。DDC-I製品に関する詳細はDDC-Iまで(4600 E. Shea Blvd, Phoenix, AZ 85028/電話:(602) 275-7172/ファックス:(602) 252-6054/メール:sales@ddci.com)お問い合わせいただくか、当社のwebページ:http://www.ddci.com/pr1707をご参照ください。

ベクター・ソフトウェアについて

ベクター・ソフトウェアは、セーフティ・クリティカルおよびビジネス・クリティカルな組込みアプリケーションに向けた、ソフトウェアテスト・ソリューションの世界的なリーディング・プロバイダです。自動車、航空宇宙、医療機器、産業用制御機器、鉄道、およびその他のビジネス・クリティカルな分野において、ベクター・ソフトウェアのVectorCAST™テスト自動化プラットフォームは、世界的な企業に活用されています。VectorCAST環境により、ソフトウェア開発チームは複雑なテスト作業を容易に自動化し、ソフトウェア品質を向上させ、テストドリブンの開発、継続的な統合、チェンジベースのテスティング・プロセスを用いて信頼性の高いソフトウェアを市場に投入するリリースサイクルを加速することができます。ベクター・ソフトウェアは米国ロードアイランド州イーストグリニッジに本社を置き、世界各地に拠点があり、ワールドクラスのチームによるサポートを受けられるほか、テクノロジ・パートナーとも協業もあわせてご覧ください。