VectorCAST/C++は、組み込みソフトウェアの単体テストおよび統合テストを自動化できるツールです。航空・医療・自動車・鉄道・金融など、様々な業界の世界有数の企業に採用されています。

  • テストに掛かる手間や時間を大幅に削減
  • テストプロセスの自動化によりテストの信頼性を向上
  • フレームワーク作成の自動化により負担を軽減
  • レガシーなアプリケーションでも使用可能

VectorCAST/C++の実際の画面をご確認したい方はこちらの動画をご覧ください。

VectorCAST/C++の概念図

VectorCAST/C++は、ソースコードの構文解析をおこない、テストに必要なスタブとドライバを自動で生成します。そして、テスト実行から結果のレポーティングまで全て効率的におこなえるので、テストに掛かる手間やコストを大幅に削減することができます。

こちらの概念図はVectorCAST/C++の機能の概念図です。

VectorCAST/C++ ホワイトペーパー(英語)のダウンロードはこちら
VectorCAST/C++ データシート(英語)のダウンロードはこちら

組み込みソフトウェアテストツールの選び方

データシートを読んでもツールを適切に評価することは難しいでしょう。こちらのホワイトペーパーを読むと、それぞれの組み込みソフトウェアテストツールの違いや特長を理解することができます。


ホワイトペーパー(英語)のダウンロードはこちら

VectorCAST/C++の特長

  • C/C++の単体テストおよび統合テストのコードを自動で作成できる
  • GUIまたはスクリプトからテストを実行できる
  • コード・カバレッジ解析および組み込みシステムの最適化ができる
  • ターゲットおよびシミュレータを用いたテストができる
  • コードの複雑度を解析し、エラーリスクの高いコードがわかる
  • ディシジョン・パスに基づきテストケースを自動で生成できる
  • 静的解析ツールと組合せて使用することでテストのステップ実行ができる
  • The MathWorks® Simulink®、Green Hills® INTEGRITY®、IBM® Rational® DOORS®、IBM® Rational® Rhapsody®、PC-Lint等の各種ツールと組合せて使用できる

VectorCAST/C++の仕組み

VectorCAST/C++はソースコードの構文解析をおこない、スタブとドライバを自動的に生成します。そして、テストの実行から結果のレポーティングまで効率的におこなえます。テストデータはテストハーネスとは別に保存され、リグレッション・テストの自動化も可能です。

実行可能なテストハーネスの構成要素

  • テストドライバ
  • テスト対象のソースファイル
  • 従属機能の完全なスタブ
  • スタブ化されていない従属ユニットのソースファイル

テストハーネスは実行時にテストデータを読み込みます。このプロセスによって、新しいテストの度に新規のテストハーネスを作成する必要がなくなります。

また、VectorCAST/C++はコードのどの領域がテストされていないのかを示すコード・カバレッジ機能を備えています。IEC 62304、ISO 26262、DO-178B/C、IEC 61508など、業界によって異なる様々な指標に対応しています。