どこまでも続くコード変更

ソフトウェア開発において、常に変更や更新があるという問題が付きまといます。コード変更が無いということは少なく、仕様変更・機能追加・バグ修正・リファクタリングなど、様々な理由からコードは変わり続けます。開発者から見たら煩わしい作業ですが、市場が要求し続ける限り変更は発生します。

そして、テストは全ての変更を考慮しなければなりません。しかし、昨今のソフトウェアコードの肥大により同時に多くのテストをおこなう必要が出てきており、変更が発生する度に全てのテストを再実行することは大きな負担です。そのため、テストリリースの直前のフェーズで集中しておこなわれることが多いのです。

そこでの問題はエラーが発生した場合、どのコード変更が原因なのかすぐにわからず、原因究明と修正に時間がかかり、テストがいつ完了するのか予測ができいないという状況に陥ります。

テストをリアルタイムに終わらせることができる

VectorCASTにはコード変更に伴う回帰テストを効率的におこなう機能があります。コード変更により影響を受けるテストのみを再実行する機能です。この機能により、ユーザーは頻繁にテストをおこなうことが可能です。
VectorCASTはあなたのテスト環境に統合することができ、コード変更が発生した時はいつでも関連するテストが実行されます。
また、テストライブラリの増加に合わせて、テストサーバーを追加することが可能です。(大規模システム開発を参照)。VectorCASTはJenkinsやBambooなどのデプロイメントツールと連携して動作します。

VectorCASTの強み

  • エラーの早期発見によりデバッグ作業を軽減

バグが発生した直後に変更したコードに関連するテストが起動します。そして、エラーは記録され、警告メッセージが関係者に通知されます。このように開発者がまだコード変更の内容をよく覚えているうちにデバッグに取り組むことができます。その結果、エラー修正を速やかにおこなうことができ、品質保証プロセスが改善します。

  • エラーを検出するだけでなくエラーを防止

VectorCASTは全ての開発者とテスターのローカルPCで開くことができる軽量なツールです。最新のテスト結果や実行環境はインテグレーションサーバーから得ることができます。エンジニアは変更を確定する前にローカルPC環境でソースコードの変更をテストすることも可能なので、不具合が発生する前にバグをキャッチすることが可能です。

  • リアルタイムにプロジェクトの状況を把握

ディレクターとマネージャーはプロジェクトのリリース時期とリソースの割当に関する決定を下す必要があり、関係するコード品質を把握しなければなりません。VectorCASTを使用することで最新の状況を把握することが可能です。VectorCASTのプロジェクト・レポーティング機能は直感的でわかりやすいダッシュボードを備えているのでテストの進捗状況を確認するのに役立ちます。

お客様の声

「VectorCASTは早期にバグを発見することができるので、クライアントが要求する品質を保つことに役立っています。VectorCASTは当社の組込みソフトウェア開発プロセスにおいて非常に重要な要素です。」

Sven Natus, Manager of Software Development
Fujitsu Semiconductor Europe

「VectorCASTを選んだ理由は、テストプロセスを管理し、品質・コンプライアンス・コラボレーションをサポートするためのソフトウェア開発のプラットフォームを提供してくれたからです。」

Stefan Sauerer

「我々はいくつものテストツールを検証したが、VectorCASTの自動化ソリューションには特に感銘を受けた。VectorCAST/C++を使うことで、我々はソフトウェア開発期間を大幅に短縮でき、開発プロセスを大きく改善することができた。」

Julieta Catania, Quality Manager
Tecme S.A.

「VectorCASTツールによってテストに掛かる時間を大幅に短縮することができました。VectorCAST/Mangerは以前使われたテスト環境を回帰テスト・スイートに取り込み、単体テストや統合テストを一元管理する手法を提供してくれました。またVectorCAST/C++はテスターが好んで使用するタイプのツールです。」

Stanislav Fligl, Core Team Leader
ŠKODA ELECTRIC